« トヨタ、新アーキテクチャーTNGAの特長と計画を発表 | トップページ | WLTPにおけるPHEV燃料消費率のためのユーティリティファクターの検討 »

21世紀中葉までに「カーボンネ ガティブ・エネルギー システム」を構築・運用へ

化石燃料をフェーズアウト、再生可能エネルギーと原子力によって地球環境の回復と持続的エネルギー供給を行う『カーボンネ ガティブ・エネルギー システム』を21世紀中葉までに構築・運用する、このようなビジョンを本にまとめました。

題名: 「再生可能エネルギーと原子力による 『カーボン ネガティブ・エネルギー システム』 地球環境の回復と持続的エネルギー供給」
《NSA コメンタリー別冊シリーズNO.2》
著者: 堀 雅夫
発行: 原子力システム研究懇話会2015.6.16発行
B5版 本文76頁 ISBN978-4-88911-310-5

Horicnescover【内容紹介】

地球温暖化対策として大気中からCO2を除去する方法の一つに、バイオマスから炭(すみ)をつくる方法がある。炭は地上に放置しても数百~数千年間安定なので地球規模の炭素循環の外と考えられる。

原子力を利用してバイオマスからバイオ炭をつくり貯留・利用し、残りの炭素成分からバイオ燃料をつくり化石燃料の代替をすれば、大気中CO2の除去とクリーン燃料の供給が行える。すなわち、エネルギーを供給しながら、ネガティブ・エミッション(負排出)ができる。

このプロセスは原子力なしでも可能であるが、原子力利用によってバイオマス処理量に対する炭素除去効果を格段に向上できる。地球上のバイオマス成長による炭素吸収量は現在の世界のエネルギー消費によるCO2排出量より約一桁大きいので、このプロセスを使用すればバイオマス成長量の1割程度を処理すれば大気中CO2を減少に向けることができる。

現在の地球温暖化の進行状態から、世界が必要とするエネルギーを持続的に供給しつつ大気中からCO2を除去することが可能な「地球環境保全と世界エネルギー供給を統合したシステム」の構築・運用は喫緊の課題と考える。本書は、再生可能エネルギーと原子力による「カーボンネガティブ・エネルギーシステム」の21世紀中葉におけるイメージとビジョンを提示している。

このコメンタリー「カーボンネガティブ・エネルギーシステム」は、地球環境の改善のために、化石燃料をフェーズアウトして、原子力・太陽光・風力・バイオマスなどのエネルギーを総動員して、大気中CO2の除去と世界のエネルギー供給を統合的に行う原子力-再生可能ハイブリッド・エネルギーシステムのコンセプトを提示したもの。

【ジオエンジニアリング分野の重要資料に選定】

この「再生可能エネルギーと原子力による -- カーボンネガティブ・エネルギーシステム -- 地球環境の回復と持続的エネルギー供給」の英文要約(第1章の英訳、10ページ)が、ジオエンジニアリング分野の世界の重要資料の1つに選ばれた。

ジオエンジニアリング(気候工学)とは大気中CO2の除去などにより地球環境の改善を図る技術で、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)や気候変動枠組条約締約国会議(COP)での温暖化の評価や対策に関連して最近非常に多くの研究/発表が行われている。

世界の気候工学の関係者がGoogle社のメール同報配信システムを利用して情報交換や討論など活発な技術交流を行っている。このグループ(Google Geoengineering Group)が、2015年1年間に広く議論されたり新しい知見を提示した重要資料(研究報告、レビュー記事、論説、討論資料、影響力のある新聞記事など)約60件のリストを年末に発表した。その1つに「カーボンネガティブ・エネルギーシステム」の英文要約が選ばれた。(参考記事

【入手方法】

1. 書籍(白黒印刷) 頒価 1,080円(税込み、送料別)
2. PDFファイル(カラー) 無料ダウンロード

ここに入手方法の案内があります。

|

« トヨタ、新アーキテクチャーTNGAの特長と計画を発表 | トップページ | WLTPにおけるPHEV燃料消費率のためのユーティリティファクターの検討 »

研究開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トヨタ、新アーキテクチャーTNGAの特長と計画を発表 | トップページ | WLTPにおけるPHEV燃料消費率のためのユーティリティファクターの検討 »