« 《自動車から家・ビル・電力系統への双方向電力流通サービス》 V2Xの基本的事項と成功のための7つの要件 | トップページ | 電気自動車の充電を通信で制御、電力会社PG&Eと自動車メーカーBMWのデマンドレスポンス計画 -- BMW i3 100台、サンフランシスコで18ヶ月間テスト »

囲碁の点数制の手合割方法--どのような手合割表が良いか?

グループで囲碁を楽しむ場合、囲碁の実力を格付け(レーティング)する段級位や点数制によって実力差を調整する方法が用いられている。

点数制は段級位より細かく実力を数値化しているので、対局する2者に実力差があっても同じ確率で勝てるように点数差に応じて置石数やコミ数などのハンディを決める「手合割」ができる。

Generalhctableこの点数制による手合割方法としてよく用いられているのは、緑星学園が始めたとされる右の表のような方式が碁会所や囲碁のグループでよく使用されている。この表の中の数値は対局する2者の点数の差で、ハンディとなる置石数(子)とコミ数(目)を表の縦と横から読み取る。

Taikyokucard2碁を楽しめる手合割の条件

グループの実力差の巾や個人の趣向によって違うと思うが、私が碁を最も楽しめる手合割は次のような条件を満たすものである。

① 互先の対局を重視する。実力が接近している人との対局はハンディキャップなしで戦いたい。互先のコミ6目は先手有利を調整するものでハンディではない。ハンディがない互先の対局は将に「一騎討ち」、握って先手後手を決め「いざ勝負」は碁の醍醐味。

② 実力差がある程度以上には適切なハンディをつける。

③ 実力のレーティングとして点数制を用いる場合、点数差の変化に対するハンディの変化はスムースで逆転やジャンプを避ける。

④ 置石数が多い対局は上手に厳しくなり本来の碁とは異質なものになるので、ある置石数(例えば6子)以上ではコミによるハンディで調整する。

⑤ 手合割の方法は判り易いのが良く、各自のレーティング(点数)は各自が理解し、記録し、管理できるようにする。碁会所で配布しているような点数表のカードを利用できれば便利である。左の写真は東京駅八重洲口の「いずみ囲碁ジャパン」で使用されているカード。

右上の表のような碁会所などで普通用いられている手合割表では上の条件の①と④を満たしていない。

条件に合った手合割表

1,「①互先の対局を重視する」に合った点数制による簡明な手合割としては、下の手合割表に示すものがある。これは細かくコミを変えることはせず、「互先は6目半、定先(1子局)~置碁は黒から半目(すなわち持碁は白勝)」としている。私が参加しているインターネットのリーグ戦で実際に使用しており、1勝敗で点数を+-2点増減させてランクの上下を忙しくしている。

Teaiwari9

2,「①互先の対局を重視する」に合った手合割で、点数差によりコミを細かく調整するものとしては下の手合割表が考えられる。これは碁会所などで通常使用されているものにハンディなしの互先の範囲を追加したものである。

Teaiwari8b

3,「①互先の対局を重視する」と「④6子局以上では置石数でハンディを調整する」の条件に合った点数制による手合割として、下の手合割表が考えられる。

Teaiwari7b

通常、点数の増減は1勝が+1、1敗が-1であるが、優勝の場合にボーナスで+点を加算する場合がある。また、新しくグループをつくった時など点数が落ち着くまでの間は1勝敗で+ー2点として適正点への収斂を速くする場合がある。

注) 1) この表は最強者と最弱者の点数差が100点程度を想定している。 2)置石の代わりにコミでハンディをつける場合に点数差の1/2をコミに換算する「囲碁天寿会」の「総コミ制」の方法にヒントを得て別表を作ったがこれは点数差70点以上で下手に厳し過ぎるようである。 3)本稿の内容を一部修正した。(2015.3.8)

|

« 《自動車から家・ビル・電力系統への双方向電力流通サービス》 V2Xの基本的事項と成功のための7つの要件 | トップページ | 電気自動車の充電を通信で制御、電力会社PG&Eと自動車メーカーBMWのデマンドレスポンス計画 -- BMW i3 100台、サンフランシスコで18ヶ月間テスト »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《自動車から家・ビル・電力系統への双方向電力流通サービス》 V2Xの基本的事項と成功のための7つの要件 | トップページ | 電気自動車の充電を通信で制御、電力会社PG&Eと自動車メーカーBMWのデマンドレスポンス計画 -- BMW i3 100台、サンフランシスコで18ヶ月間テスト »