« 愛用のマイクロソフト・ナチュラル・キーボード -- コーヒーをこぼして分解・クリーニング・復活 | トップページ | 2015年ころ発売の第4世代新型プリウス »

米国自動車技術会の新しい充電規格、コンボコネクターとは

米国の自動車技術会(SAE)から、電気自動車およびプラグインハイブリッド車用の充電カップラーの規格SAE J1772の改訂版(J1772_201210)が2012年10月15日に発表されました。これは従来からある交流用の規格のLevel 1とLevel 2に直流用の規格Level 1とLevel 2が加わったものです。

Saej1772n1_2SAEの充電規格は左の表のような構成になっています。従来からの交流のLevel 1とLevel 2に、新たに直流のLevel 1とLevel 2が加わりました。(注: 急速充電のことをこれまでのLevel 1(100V)とLevel 2(200V)の流れで「Level 3」と呼ぶ人もいますが、新しい分類では今回規格化した急速充電は「DC Level 1」と「DC Level 2」になります)

交流(普通)充電に加えて直流(急速)充電を行う車は、車側のインレット(充電を行うための車側の差し込み口)がこの交流と直流が一体化したものになります。これが通称「コンボ・カップラー」(Combo Coupler)と呼んでいるものです。普通充電のみの車は従来と同じで、交流Level 1とLevel 2用のインレットを使用します。

Saecombo右の図は、直流の急速充電を行う車に使用されるインレットとコネクター(プラグとも言う)です。図の左側が、従来の交流(Level 1とLevel 2)と新しい直流(Level 1とLevel 2)を一体化したインレット(車側の差し込み口)です。この上側は従来の交流と同じ形状になっていますので、普通充電の場合は従来型のコネクターをこのインレットの上側に挿すことになります。新しい直流の急速充電は右側のコネクターをインレットの上下に挿すことになります。この時に下の2本のピンが直流の電力用で上側は直流充電の通信用に使用されます。

なお、この説明では、EVSE(Electric Vehicle Supply Equipment、車外充電設備)の各部の名称として、下の図に示す欧州自動車工業会のネーミングを参考にしました。(この図の日本語の括弧内は日本での通称)

このコンボコネクターを含むSAEの新充電規格SAE J1772の詳細は、ここからSAE非会員の一般の人は$66(約5000円)を払って資料をダウンロードすれば知ることができます。

ところで、このSAEのコンボ方式の規格化については日本でもいろいろ報道されていますが、説明に一部不正確なものがあります。

------------------------------------------

日本と異なる規格採用=米国、EV急速充電で」(時事通信2012.10.16)

この記事に、「しかし、急速充電のみに対応するチャデモ方式に対し、コンボ方式は、普通充電用と急速充電用のプラグを一体化。」とありますが、インレット (車側の差し込み口)を一体化しているのであり、コネクター(ケーブルについている差し込み、プラグ)は普通充電用は従来型を使用し、急速充電用は新しいコンボ(一体)型を使用します。

日の丸EV、はや孤立感 米充電規格に「チャデモ」落選」(日本経済新聞2012.10.21)

この記事の中のチャデモとコンボの比較表で、コンボは「プラグが1種類 (急速用と普通用が1体)」とありますが、コンボでも表の中のチャデモの方の記述の「プラグが急速用と普通用の2種類」が正しい。この表にあるコンボのコネクター(プラグ)の写真は急速充電専用のもので、普通充電用は従来型のコネクター(プラグ)を使用します。

---------------------------------------------------------------

これらの記事を見ると、コネクター(ケーブル側につく差し込み、プラグ)とインレット(車側の差し込み口)を混同している節が見受けられます。以下はコンボ方式の補足解説です。詳しくは、規格の資料や図面を参照下さい。

• コンボ方式は、今までの普通充電用のインレット(車側の差しこみ口)と急速充電用の2本のピンを組み合わせた瓢箪型のインレットを使用する充電方式。急速充電は、通信用に普通充電の部分を使用する。

• このように組み合わせることにより、普通充電に加えて急速充電を行う場合、車側に切るインレットの面積を従来の普通充電用と急速充電用の二つから一つにすることができるので、自動車車体側の設計・製造上は楽になる。

• コンボ方式でも普通充電の場合は従来の普通充電用コネクター(SAE-J1772)を使用する。急速充電には、インレットと同じ形の瓢箪型のコネクターを使用する。

• それ故、チャデモ方式の急速充電がついている車の普通充電には、従来のEVSE(車外の充電器)、ケーブル、コネクター、車側インレットが、そのまま使える。しかしコンボ方式の急速充電機は、コネクター形状も通信方式も違うので、チャデモ方式の車には使用できない。

• なお、米国と欧州では、コンボコネクタ-の外郭線は同じ形状だが、普通充電が米国単相・欧州3相なので、普通充電部分のピンの数が欧州は1本多い。

Evsename2

-----------------------------------------------------------------

コンボ方式充電のメカニズム

コンボ方式充電のメカニズムについては、下のYoutubeビデオが判りやすい。(2014.08.24追記)

------------------------------------------------------------------

世界の充電コネクター

米国で電気自動車のコンサルタントなどをしているEVI(Electric Vehicle Institute)が、世界の充電用プラグとコネクターが一覧表になっている便利なポスター(下の写真)を作成した。このポスターのPDFファイルはここからダウンロードできる。(2015.01.05追記)

Eviconnectors


|

« 愛用のマイクロソフト・ナチュラル・キーボード -- コーヒーをこぼして分解・クリーニング・復活 | トップページ | 2015年ころ発売の第4世代新型プリウス »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6611/55958172

この記事へのトラックバック一覧です: 米国自動車技術会の新しい充電規格、コンボコネクターとは:

« 愛用のマイクロソフト・ナチュラル・キーボード -- コーヒーをこぼして分解・クリーニング・復活 | トップページ | 2015年ころ発売の第4世代新型プリウス »