« GMボルトがハイブリッド形式を変更 | トップページ | 日産リーフのEPA燃費ラベル »

エネルギー・環境対応型自動車の分類・呼称・略称

エネルギー・環境対応型自動車、一般に「エコカー」と呼ばれている自動車については、行政機関、学会、業界、自動車メーカーなどで、いろいろな分類・呼称・略称が使用されている。

例えば、行政機関では「次世代自動車」「クリーンエネルギー自動車」「環境対応車」「先進環境対応車(ポストエコカー)」などの分類があり、学界・業界では「電動自動車」「プラグイン自動車」などの分類が使用されている。

個々の車種の略称もいろいろ使用されているが、国際的には、ハイブリッド車は「HEV」(Hybrid Electric Vehicle)、プラグインハイブリッド車は「PHEV」(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)、電気自動車 は「BEV」(Battery Electric Vehicle)、燃料電池自動車は「FCV」(Fuel Cell Vehicle)などが一般的である。

日本では、プラグインハイブリッド車を表す略称として「PHEV」の代わりに「PHV」が政府機関やマスコミで使用されている。「PHV」はトヨタが2009年にプリウスのプラグインハイブリッド車を発表した時に使用した略称で、経済産業省が「EV・PHVタウン構想」関係のプロジェクトで使用して以来国内では使用されているが、国際的には「PHEV」の略称が一般的に通用している。

「電気自動車」や「EV」(Electric Vehicle)と一般的に言う場合、狭義に電気自動車「BEV」を指す場合、中義に電気自動車 「BEV」とプラグインハイブリッド車 「PHEV」、すなわち系統から充電する電力で走行するプラグイン自動車「PEV」(Plug-in Electric Vehicle)を指す場合、さらに広義に電動パワートレインを持つ自動車、すなわち電動自動車「EDV」(Electric Drive Vehicle)を指す場合がある。

これらの主なものを下表に整理した。

Ecocars2a
これらの中で、「電動自動車」(EDV)はエネルギー・環境的な効果から期待されており、とくに「プラグイン自動車」(PEV)は系統電力とのエネルギー統合の効果もあって注目されている。

その他の分類・表記としては、例えばカリフォルニア州大気資源局のゼロ排出車(ZEV)の将来展望の際に使用したもの(下表)がある。

Vehicleacronym3_2この表の中で、「FCAPUV」は、燃料電池を補助電力として使用する型の車。燃料電池として、水素燃料のPEFC型のほか、炭化水素燃料のSOFC型も検討された。

|

« GMボルトがハイブリッド形式を変更 | トップページ | 日産リーフのEPA燃費ラベル »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6611/49869333

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー・環境対応型自動車の分類・呼称・略称:

« GMボルトがハイブリッド形式を変更 | トップページ | 日産リーフのEPA燃費ラベル »