« 月刊誌OHMに「自動車から電力系統への電力融通(V2G)」の解説を執筆 | トップページ | シリーズ型プラグインハイブリッド車のGM VoltとOpel Amperaにハイブリッド型式変更の噂 追記:やはり噂は本当だった »

成長に向けての原子力戦略として重要と考えられる事項

原子力委員会が「成長に向けての原子力戦略の検討にあたっての意見」を募集していましたので、次のような意見を提出しました。(2010年3月8日)

概要:20002100primaryenergy
エネルギー利用の過半を占める非電力利用への原子力の貢献について検討し、必要な研究・開発・実証を推進することは重要。(一次エネルギーの発電に使用されている割合は、日本約40%、世界約30%。残りは非電力利用)

[図は、日本原子力学会誌 07年5月号 (Vol.49, No.5, 2007)掲載の解説から]

意見:
◎ エネルギーキャリアーの中で、電気は最も便利であり、今後もその割合は増加し、一次エネルギーベースの電力化率にして50%~60%程度まで増大すると考えられます。この電力供給において、原子力の役割は現状よりもさらに増大していくべきことは当然ですが、残りの約半分を占める非電力エネルギー利用にも原子力は貢献すべきと考えています。
◎ 非電力のエネルギーキャリアーとしては、現在は化石燃料製品(ガソリン、灯油、都市ガスなど)が用いられていますが、資源および地球環境の制約から、今後は脱石油/脱化石燃料ベースの合成燃料(バイオ燃料を含む)や水素への転換が必要となってきます。
◎ 非電力エネルギーキャリアーとしては、液体燃料が最も便利なために炭素・水素からなる合成燃料が本命ですが、気体燃料の水素を利用する可能性もあります。
◎ 原子力による水素製造では、水を分解する各種のプロセスが研究されており、課題は大量供給時のコストです。原子力水素は、エネルギーキャリアーとしての利用よりも、例えば鉄鉱石の還元など産業の上流側における原料としての利用が多くなると考えられます。
◎ 炭化水素系の合成燃料製造では、炭素源として石炭やバイオマスを使用する場合、原子力による水素/熱を利用すれば、原料使用量と製造時CO2排出を抑えることができます。(原子力水素を利用すれば、CO2を炭素源とした合成燃料製造も技術的には可能)
◎ 要は、「今後想定されるエネルギー資源・環境などの条件から、原子力の非電力利用について検討・整理をして、必要な研究開発を推進していく」ことだと思います。

参考: 
① 堀 雅夫 「原子力による水素で新しいエネルギー社会に」 エネルギーレビュー 2009年5月号
② Masao Hori, "Synergistic energy conversion processes using nuclear energy and fossil fuels", International Journal of Nuclear Governance, Economy and Ecology, Vol. 2, No. 4, pp362-374 (2009) 解説・原稿

|

« 月刊誌OHMに「自動車から電力系統への電力融通(V2G)」の解説を執筆 | トップページ | シリーズ型プラグインハイブリッド車のGM VoltとOpel Amperaにハイブリッド型式変更の噂 追記:やはり噂は本当だった »

研究開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6611/47946242

この記事へのトラックバック一覧です: 成長に向けての原子力戦略として重要と考えられる事項:

« 月刊誌OHMに「自動車から電力系統への電力融通(V2G)」の解説を執筆 | トップページ | シリーズ型プラグインハイブリッド車のGM VoltとOpel Amperaにハイブリッド型式変更の噂 追記:やはり噂は本当だった »