« プラグインハイブリッド自動車と夜間電力活用 | トップページ | 電池のブレイクスルー!? "EESU" »

GMがプラグインハイブリッド自動車「ボルト」を発表

070107_chevyvolt_widehmedium_12007年1月7日からデトロイトで始まった北米自動車ショーで、ゼネラルモーターズ(GM)が、前からの噂通りプラグインハイブリッド自動車(PHEV)のコンセプト・カーのシボレー・ボルト(Chevrolet Volt)を発表しました。

このボルトは、形式で言うと「シリーズ・ハイブリッド」(series hybrid、serial hybridとも言う)です。この型は、米国で電気自動車ユーザーが遠出をするとき車の後に付けて引っ張るエンジン発電機(航続距離を延ばすのでRange Extenderと呼ばれている)を一体化したものに相当します。(ハイブリッドの形式分類については、ここに解説があります)

このタイプは、車の駆動は全部電気モーターによります。電池の充電電力を使い切ると、ガソリンエンジン発電機が回り始め、この電力がモーターを回します。普通の車のように、エンジン動力を機械的に車輪に伝えることはありません。それ故、ボルトのエンジンは発電専用で、3気筒1リッターの回転数一定のものです。エタノール混合ガソリンE85も使用可能です。

Electricrun_fraction_vs_battery_c_2このタイプは、GMとしては1990年代に出した電気自動車EV1(映画「誰が電気自動車を殺したか?」の主役の車)の経験を生かせる利点があります。ただし、高速走行などのために電池を大きくしないといけないので、初期のPHEVとしては比較的長い航続距離の40マイルにしています。この40マイルという距離は、2006年の大統領一般教書での新エネルギー計画(Advanced Energy Initiative)の発表以来ブッシュ大統領が各所のスピーチでPHEVの話をする時に言及している距離です。なお、航続距離40マイルの電池を積むと、米国の平均的走行パターンの乗用車は充電電力で63%(米国の1995年NPTSデータをもとにした筆者の推定値、左図参照)の距離を走ることが出来、それだけガソリン節減になります。

GMは、PHEVはシリーズハイブリッドと決めた訳ではないようで、Wiredの記事では、GMの役員の「100年も車が石油で走ったのは長過ぎた、変化が必要」「石油の削減は1発の弾丸では無理で、Baskin Robbins(アイスクリーム)のフレーバーの様に何種類もの車型に注目」の言葉を紹介しています。現に、GMは下記の注にあるように、2006年11月のロサンゼルス・オートショーで、2モードハイブリッド車のSaturn Vue Greenlineをベースにしたパラレルハイブリッドのプラグイン車を発売する計画を発表しています。

07volt_graphic_large_1今回のボルトの発表ですが、米国では一部にGMの苦し紛れの"Smoke and Mirror"(煙・鏡などを使ったイルージョン)だと言う批判はありますが、一般に歓迎ムードです。デトロイトのショーに行ってきた人の話では、ボルトはGMの展示の中心に置いてあり、一番人気があったとのこと。Wiredの記事の中にも、"Toyota and Honda, watch out, you can't take beating GM for granted any more." (トヨタとホンダよ、注意せよ、もうGMタタキを当たり前のようには出来ない)とあるように、米国産への期待は大きいようです。このような期待に応えて、2010年前にも出すのではという観測もあります。

シボレー・ボルト コンセプト・カーの主要目

型式: シリーズ・ハイブリッド
充電用エンジン: 3気筒、1リッター
ターボ、一定回転数、E85燃料可
最高速度: 120MPH
電池航続距離: 40マイル
充電時間: 6.5時間
Chevy2bg_1

注: GMは2006年11月末のロスアンゼルス自動車ショーで、サターン・ビュー(Saturn Vue)ハイブリッドのプラグインハイブリッド車の製造計画について発表しました。自動車メーカーでプラグイン車の製造について発表したのはこれが最初ですが、今回のボルトの発表も含めて発売時期は示していません。

追記1:
08年5月、Chevy Voltがいよいよテストトラックと公道での試験を開始しました。担当役員のBob Lutzによると、「電池は最も問題が少なく、工学的チャレンジの大部分はソフトウエア」とのことです。
(08.05.20)

追記2:
08年6月、GMはガソリン価格高騰、トラック・SUVの売行き不振などへの対策を発表しましたが、その一つとしてChevy Voltの生産のための予算を承認しました。2010年末までの市場投入に自信を持っているようです。
(08.06.08)

追記3:
2008年以降の進展「GMがプラグインハイブリッド車Voltの市販バージョンを公開」はここ
(2008.9.20)

追記4:
2010年以降の進展「シリーズ型プラグインハイブリッド車のGM VoltとOpel Amperaにハイブリッド型式変更の噂 追記:やはり噂は本当だった」はここ
(2010.07.03)

|

« プラグインハイブリッド自動車と夜間電力活用 | トップページ | 電池のブレイクスルー!? "EESU" »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GMがプラグインハイブリッド自動車「ボルト」を発表:

« プラグインハイブリッド自動車と夜間電力活用 | トップページ | 電池のブレイクスルー!? "EESU" »