« GMがプラグインハイブリッド自動車「ボルト」を発表 | トップページ | プラグインハイブリッド車導入の環境・エネルギーへの効果 »

電池のブレイクスルー!? "EESU"

もし、これが本当ならば、2007年1月22日のMITテクノロジーレビューが書いているように「Game changing」、「This could change everything」なエネルギー技術かも知れない。

Eestor2それは、「EESU」(Electrical Energy Storage Unit、電気エネルギー貯蔵ユニット)と名付けられたセラミックを使用したウルトラ・キャパシターです。[U.S.Patent, Assignee: Eestor, Inc., Cedar Park, TX, Appl. No.: 09/833,609, Filed: April 12, 2001. "Electrical-energy-storage unit (EESU) utilizing ceramic and integrated-circuit technologies for replacement of electrochemical batteries"]

電極の板の間にチタン酸バリウムの誘電体を挟んだ構造だが、この純度を高めて20~30の誘電率を実に18500以上に上げることによって、リチウムイオン電池をエネルギー密度・価格・充電時間・安全性で圧倒する性能を得たとのこと。

以前から、これに関するニュースが流れていましたが、開発をしている当の会社--テキサス州オースチンのEEStor社--の姿が見えないために、関心のある人も半信半疑でした。日本でも、北大の山本教授が2006年12月、このことを「蓄電技術のイノベーション」としてブログに書いています。

EESUは、エネルギー密度が鉛酸電池の32Wh/Kg、リチウムイオン電池の120Wh/Kgに対して280Wh/Kgと大きく、繰り返し充電回数即ち耐久性も、リチウムイオン電池の携帯電話用などが500~1000回程度、自動車用は現在4000回(15年)を目標にしているのに対して、EESUは化学反応に拠らないキャパシターなので百万回以上が可能とのこと。なお、価格はKWh当たりで鉛酸電池の半分位と安い。

Factory_005_259px_1EESUを自動車に使用する場合は、小型電気自動車用の15KWhの電池は重さが100ポンド(45Kg)になり、これで200マイル(320Km)の航続距離が得られ、充電時間は10分以内と短い。

EEStor社は、カナダのZENNという電気自動車製造会社(写真)と中小型電気自動車用のEESUの独占供給契約を結んでおり、2007年にZENN社に製品の出荷を始めるようです。長いこと沈黙を守っていたEEStor社が、EESUの自動製造ラインが必要な品質要求を満たせるようになったことと製品出荷について2007年1月中旬に発表をしました。

MITテクノロジーレビューの記事では、「(この技術の)影響は途方もなく、多くの人には、信じられない」と言っており、このようなブレイクスルーは、既に「電気ルネッサンス」で揺れている運輸セクターを根本的に変革し、変動電源の風力発電や太陽電池のパーフォーマンスの改善、電力グリッドの効率と安定性向上などにより、米国のエネルギーセキュリティ追求を叶える可能性がある、としています。

もし、この電力貯蔵技術が本物ならば、エネルギー分野に大きな影響があるのは確かです。また、先にFirefly社による鉛酸電池の革新があり、またこのEEStor社によるキャパシターのブレイクスルーが明らかになり、本命のリチウムイオン電池は相当な革新・コストダウンを迫られることになります。

EEStor社は今回製造開始について発表をしましたが、「技術革新の結果に語らせたい」とあくまでも控えめの姿勢。キャパシターの専門家の中には、EESUの性能に疑問を呈する人もいる。先ず、自己放電、次にセラミックの強度の問題、耐低温性、高電圧クラッシュなど。

さらに詳しい情報は、"EEStor"などでGoogleすれば沢山出てきますが、山本教授が書いているように当のEEStor社のホームページらしい ところは依然として「構築中」のまま。

注記:

MIT Technology Reviewのサイトには、ページの下のコメント欄に多くの意見が寄せられており、この技術は本物か、本当に成功するかなど、延々と議論が行われています。また、この技術を紹介している他のサイトでもいろいろな意見が出ています。

公表されている性能は理論的に難しいことを説明しているものでは、電気自動車Teslaのサイトに出ているAnatoly Moskalevのコメントその1その2などがあります。彼は、現在のウルトラキャパシターと比較して、EEStor社のものは質量当りのエネルギー密度で同程度、体積当りのエネルギー密度で5倍程度が精々で、大きな改良ではないと言ってます。

追記:
Eestor_cell_2WikipediaでもEEstorを取り上げています。Wikipediaは普通はhypeな情報は載せませんが、誰かこれに関心がある人が書いたのでしょう。(2007.11.28)

追記2:
米国Lockheed Martin社が、EEStor社と電力貯蔵装置「EESU」の軍事・本土防衛目的利用で国際権利の協定を締結したと発表しました。鉛蓄電池の10分の1の重量・容積、10倍のエネルギー密度という触れ込みのウルトラキャパシターは、いよいよ本物になるのでしょうか?(2008.1.9)

追記3:
ZENN自動車のCEOのIan CliffordがGM-Volt.comのインタビューで、EESUの完成品を08年末に受け取り、09年末までにそれを搭載した「cityZENN」という電気自動車を発売すると語っています。ただ、ZENN自動車もEESUの実物は見ておらず、第3者のデータを見ただけのようです。EEStor社に投資している有名ベンチャーキャピタルのKleiner Perkins社、EEStor社とライセンス契約を結んだLockheed Martin社などの名前を挙げ、EESUに自信ありと述べています。(2008.6.8)

追記4:
EESUへの期待でZENN自動車の株はこの3ヶ月で81%上がっており、投機の対象になっているようです。Financial Postによると、EEStor社は数週間以内にEESUの第三者機関によるテスト結果を発表する模様。ZENN自動車は車重1400Kg以下の車へのEESU搭載の独占権を持っています。(2008.6.28)

追記5:
Texas Research International(独立機関)が、EESUに使用する誘電粉体CMBTを試験する機器・方法・結果は、必要な精度を持っていると認証しました。この発表を受けてEESUの自動車への独占使用権を持つZENN自動車は、進展を確認する声明を発表しました。(2008.7.29)

追記6:
Light Electric Vehicles Company(略称LEVCO)という会社が、EEStor社のEESUの2輪自動車と3輪自動車の電力推進への適用に関する全世界独占的協定を締結したと発表しました。なお、4輪自動車への適用については、上記のようにZENN自動車が独占権を持っています。(2008.9.24)

追記7:
08年10月27日のGM-Volt.comは、次のようにEEStor社の創立者でEESUの特許を持っているDr.Richard Weirの談話を紹介しています。なお、この会社の責任者の談話と製品(52KWh、336ポンド、Li-Ion電池より安価、寿命は無限)のEesu写真を見聞するのは始めて。
Dr.Richard Weirのコメント
●既に認証について発表したように、順調に進展している。
●予定していた2008年後半の生産は、資金が充分でなかったので、間に合わせることが出来なかった。
●Light Electric Vehicles Companyとの契約が出来たので、EEStor社として生産に向かって進展を図ることが可能になった。
(2008.11.10)

追記8:
08年12月16日、EEStor社のEESUの新しい特許が発表されました。これについては、別項で紹介しています。
(2008.12.27)

|

« GMがプラグインハイブリッド自動車「ボルト」を発表 | トップページ | プラグインハイブリッド車導入の環境・エネルギーへの効果 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6611/13715438

この記事へのトラックバック一覧です: 電池のブレイクスルー!? "EESU":

« GMがプラグインハイブリッド自動車「ボルト」を発表 | トップページ | プラグインハイブリッド車導入の環境・エネルギーへの効果 »