« 2005年10月 | トップページ | 2006年5月 »

2005年12月

「原子力水素製造 – 開発動向」を「エンジンテクノロジー」誌で解説

自動車技術会と日本機会学会が編集協力している「エンジンテクノロジー」誌の2005年12月号に「原子力による水素製造 – 開発動向」について解説を書きました。EnTechCoverS

この雑誌は、「エンジンと地球の明日を考える技術者の雑誌」の副題がついており、隔月刊の技術専門誌(山海堂発行)です。この号は「水素社会への技術挑戦」特集で、水素を輸送用として使用していくための関連技術の動向・解説が全部で10編・60ページに亘って掲載されています。

原子力水素製造の技術の現状・動向を、水素エネルギーの将来の主要ユーザーと目される自動車業界に知って頂く良い機会と考えて、

1. 原子力による水素供給の特長
2. 研究開発の経緯
3. 原子力による水素の製造技術
4. 原子力水素の製造コスト
5. 各国の開発動向
6. 実用化の課題と対応
7. 今後の見通し

について、判りやすく(技術的な正確さを失わない範囲で)書いたつもりです。米国の「2005年エネルギー政策法」など、最新の状況も含めました。この原稿はここからダウンロードできます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年5月 »